Apple Watch_NFT

動画NFTをApple Watchに設定して動く文字盤にする方法|破壊力抜群!!

Apple Watch_NFT

こんばんわ、NFTを毎日全力で楽しんでいるfurin (フーリン)の父tetumemoです。

今回は、素敵すぎる作品を描かれているよしのさんから、Giveaway企画で作品をいただくことができました。可愛い女の子がアニメーション付きで見つめてきます。素晴らしいクオリティに感動!

今まで私が日本で見たGiveaway企画史上、1番の盛り上がりかもしれない・・

今回は、こちらの素晴らしいアニメーション付き作品をApple Watchの動く文字盤に設定しました!

可愛すぎて破壊力抜群です!一日に何度も時計を見るようになってしまいました。

実際の映像はこちら

今回の動画の反響がとてもよく、DMでも「どうやって設定するんですか?」と質問をいくつかいただいたので、ブログ記事化してご説明させていただきます。今後、動画NFTも盛り上がっていくと思いますので、設定の一助になれば幸いです。

動画NFTをApple Watchに設定して動く文字盤にする方法

前提条件はLivePhotosに対応している機種です。

Live Photos は、iPhone 6s 以降、iPad (第 5 世代) 以降、iPad Air (第 3 世代) 以降、iPad mini (第 5 世代) 以降、2016 年以降に発売されたモデルの iPad Pro で撮影できます。
Appleサポート

設定の概要はこちら

  1. 所有しているNFTの動画をダウンロードする(PCでの作業)
  2. ダウンロードした動画を所有しているiPhoneに送る
  3. intoLiveという無料動画編集アプリをダウンロードする
  4. intoLiveで動画をLivePhotos用に編集する
  5. 完成したLivePhotos用動画を「写真」アプリで調整する
  6. Apple Watchに動画を転送して、文字盤設定する

それでは早速設定していきましょう。

1,所有しているNFTの動画をダウンロードする(PCでの作業)

通常、画像や動画をダウンロードする場合は、右クリックして「画像を保存」「動画を保存」と選択してダウンロードできます。

しかし、動画の場合Openseaでは「右クリック」が効かないため動画のダウンロードができません。そこで今回は動画の保存されている直ファイルのURLを探しに行きましょう。

1,ページのソースを表示する

  1. Openseaで自分が所有しているNFTページに移動
  2. 画面の白い部分(どこでもいいです)で「右クリック」
  3. ウィンドウがポップアップ
  4. ペースのソースを表示を選択します

Opensea_NFT

2,動画ファイル(今回はmp4)を探す

ソースが表示されたら、「Ctrl+F」を押して文字検索を立ち上げます。↓

Opensea_NFT

3,動画が保存されている直リンクを開く

  1. 文字検索が画面に動画ファイルの拡張子「mp4」と入力
  2. 今回の場合、ソースコード上に「mp4」のワードが8個ヒット
  3. 2番目のワードが青い文字になっており、動画の直リンクを開くことができる

5,直リンク先から動画をダウンロードする

ここまでくればあとは保存するだけです。

  1. 動画の上にマウスオーバー
  2. 右クリックでポップアップウィンドウが開く
  3. 「名前をつけて動画を保存」をクリック

以上でPC上に動画のダウンロードが完了です。

Opensea_NFT

2,ダウンロードした動画を所有しているiPhoneに送る

PCからiPhoneに動画を送る方法はお好きな方法を選択してください。私は2番目で実施しました。

  1. 動画をメール添付してiPhoneに送る
  2. クラウドストレージサービスに保存して、iPhoneでダウンロード(Dropbox、Onedrive、GoogleDrive等)
  3. Macユーザーの場合、Airdropで送る

などなど、こちらの手順は省きますね。

3,intoLiveという無料動画編集アプリをダウンロードする

ライブ壁紙が無料で作成できるintoLiveをダウンロードしましょう。基本的に以下の手順はパンダさんの動画を参考にしました。こちらの動画でも設定可能です。補足として、画像付きで説明します。

■ダウンロード

intoLive

4,intoLiveで動画をLivePhotos用に編集する

動画を選択肢てLivePhotos用に編集する

Apple Watchの文字盤に表示されるのは1~2秒程度なので、ちょうど目パチが始まるあたりを動画開始地点に設定し、そこから3秒先程度を終了地点に設定する。↓

Opensea_NFT

完了したら保存する。「繰り返しなし」を選択し、「ライブフォトを保存」する。

※保存中に動画広告が数秒流れますのでお待ち下さい。

Opensea_NFT

5,完成したLivePhotos用動画を「写真」アプリで調整する

  1. 保存したLivePhotosを選択
  2. 左下のLivePhotosアイコンをタップ
  3. フレームの中から写真を選択し、「キー写真」を設定する
    ※Apple Watchに設定後、うまく動かない時は、キー写真の位置をはじめの1枚目にすると改善する場合があります。

Opensea_NFT

これで準備完了です!それではApple Watchに設定しましょう!

6,Apple Watchに動画を転送して、文字盤設定する

  1. 「写真アプリ」から先程作成したLivePhotosを選択
  2. 左下の共有アイコンをタップ
  3. 下にスクロールして「文字盤を設定」を選択

Opensea_NFT

上記の文字盤を選択し、「追加」をタップすれば完了です!

Opensea_NFT

完成!

 

さいごに

設定お疲れさまでした!

いかがでしたでしょうか?LivePhotosを設定してApple Watchが動く文字盤になったと思います。躍動感ある動きで、毎回ドキドキしてしまします。

これから静止画だけではなく、こういった動画のNFTも増えてくると思います。その際は、せっかくなのでApple Watchに設定して、NFTを所有する楽しさを知ってもらいましょう!

では、また

よしのさんのCollection

Apple Watch_NFT
最新情報をチェックしよう!
>ココロをオシャレに刺激するサイト「tetumemo」

ココロをオシャレに刺激するサイト「tetumemo」

Gadget好き。中でもApple製品のシンプルデザインに惚れ込んでいる。iPhoneやiPadなど星の数ほどあるアクセサリーの中からオシャレでクールな商品を見つけて紹介。また、アニメ・ビジネス書もこよなく愛す。