tetumemo

ココロをオシャレに刺激する

あっ!ちょっと待って!Gmailで誤送信メールをストップさせる方法


よし、送信!

ああーっ!ヤバっ!間違ったーーーー、この書類上司に送るはずだったのに全然関係ない人に送ってしまった~~!!どどどどうしよう!

なんて事ありませんか?

私は結構ありました。(今は無いですよ、懲りましたので・・・)

おはようございます。@tetumemoです。

メールのご送信、怖いですよね、大切な取引先のデータを関係ない人に送ってしまったり、友人とのフランクなやり取りを会社の上司に送ってしまったりなど、全身から汗がブワっと出てしまってどうしようもなくなったこともありました。

最近では、社内メールだけではなくスマホの普及からGamilなどの使用頻度も高まりより一層「メールをする」という頻度が高まってきたような気がします。

今回はWebメールで一番使われている『Gami』で、メールをご送信してしまった時に最大で30秒間救済処置が取れる方法をご紹介します。

『Gmail』で誤送信を30秒以内に救済する方法

  1. 設定画面を開く
  2. “Labs”を選択
  3. “送信取り消し”のLabを見つけたら”有効にする”を選択し”変更を保存”する
  4. 再度”設定”の”全般”を開き送信取り消し時間を設定する(5,10,20,30秒)
  5. メッセージを送信すると設定した時間内なら”取り消し”が可能になる。

 

設定画面を開く ↓↓

“Labs”を選択 ↓↓

“送信取り消し”のLabを見つけたら”有効にする”を選択し”変更を保存”する ↓↓

再度”設定”の”全般”を開き送信取り消し時間を設定する(5,10,20,30秒) ↓↓

メッセージを送信すると設定した時間内なら”取り消し”が可能になる。 ↓↓

 

困ったときの救済処置、良かったですね、これでGmailがほんの少しパワーアップしましたよ♪

しかし!くれぐれも取り消せるからと言って安心してメールの事前チェックを怠らないようにしましょうね。

では、また

 

Return Top