tetumemo

ココロをオシャレに刺激する

戸建買ったら激しくお勧めしたい本はこれ!「地震保険はこうして決めなさい」


生命保険、自動車保険、火災保険、地震保険

どれもこれも保険と聞くだけでよくわかんないとなってしまう人も多いのではないでしょうか?

私もそうです。

特に金額の大きい火災保険や地震保険などは事前に知識を持っているかどうかで数十万円変わってくる場合もあります。

今回ご紹介する本はそんな情報格差に巻き込まれないための武器です。ぜひ加入前に熟読をお勧めします。

火災保険や地震保険の考え方

Amazonより、本書概要

  • 内容紹介
  • ◆世界で起きるM6以上の地震のうち、約2割が日本列島周辺で起きています。今回の東日本大震災をきっかけに、「地震保険」の重要性が取りざたされ、その仕組みなどにも注目が集まりました。しかし、地震保険に関しての詳しい本は今まではありませんでした。そこで、この本は、独立系のファイナンシャルプランナーとして10年以上、損害保険を専門にみてきた著者が、誰にでもわかりやすいよう、豊富な図解や例を出して、地震保険について詳しく説明したのが本書です。
  • ◆住宅を持っていて火災保険に入っている場合、その火災保険の補償はいわれるがまま加入しているケースが多いものです。その火災保険の補償を見直してスリム化し、その浮いたお金で地震保険に入り、今までと同じ負担で、万が一に備えましょうというのが本書の主張で、「地震保険は高いから入りたくない」と躊躇している人にはぴったりの情報です。
  • ◆地震保険は、国が保険金の一部を負担している半ば公的な保険だということや、なぜ、住宅ローンなどがある場合は地震保険に加入しておいたほうがいいのかなど、見開きごとの分かりやすい図解と説明が満載、日本一やさしい地震保険の本になっています。

さいごに

発行年月日が2011年5月の震災直後ですので、かなり親身に書かれています。また情報の古さは気にしなくて大丈夫です。

金額の大きな保険に対して、どのようにリスクを考えて保険を組み込むのか?という本質的内容がメインです。

この概念がわかれば、自分のリスクを逆算して最適な保険を自分で考えて組めるようになるはずです。

まずは、知識武装からっ!
ネットサーフィンで時間を過ごすより、1,500円をサクッと投資して早急に知識を習得した方が時間的にもコスト的にも十分お得だと思います。

では、良い保険ライフをっ!

Posted from するぷろ for iOS.

LEAVE A REPLY

*

*

Return Top