tetumemo

ココロをオシャレに刺激する

ビットコイン、リップル、イーサリアムが暴騰し、そろそろ仮想通貨を本気で理解するならオススメの2冊をご紹介


毎日が仮想通貨やビットコインの記事やニュースで騒いでおり、日々取引所の口座開設が増えているようですね。

そんな仮想通貨バブルと言われていますが、本当にバブルなのでしょうか?

ネットやメディアの一般的な話に流されて、「そもそも仮想通貨とは?ブロックチェーンとは?この技術がもたらす未来は?」に対しての問いを考えている人がどれだけいるでしょうか?

投資はリスクとリターンです。

しかも、ビットコインや他の仮想通貨への投資は、どちらかというと投機に近いとも言われています。

上がっているから買う

この判断はとても怖い
下がった時の判断も責任も自分で取れない。

チャットやニュースに流される。
集団心理のジレンマにとらわれる。

そんな事象と背中合わせなのがです。

さて、そういった情報に踊らされないためには何をしたらいいのか?

まずは仮想通貨に投資する前に、仮想通貨世界への知識武装投資することです。

ただ、変動が激しい仮想通貨市場では「急がば回れ」は「買い時期」を逃してしまうかもしれませんので、口座開設までの数日、こちらでオススメする2冊で是非レベルアップをはかってみてください。

1冊目「仮想通貨革命」

本書より

ブロックチェ ーン 」という仕組みの革新性と発展可能性は 、多くの人が認める 。そこで 、これを拡張する試みが数多く行なわれている 。これからわかるのは 、 「ビットコインが仮想通貨の最終的な形ではない 」ということである 。

ビットコインは技術のひとつ

この一言につきます。

仮想通貨=ビットコインではありません。

あくまでブロックチェーン技術を使った仕組みでしかすぎない。

本書は、「仮想通貨」という大きな枠組みで、「そもそも通貨とは何か?」「仮想通貨がもたらす未来は?」「他の通貨は今どのような位置付けなのか?」など、様々な問いを投げかけ網羅的にポイントごと解説してくれています。

多くの関連書物を読みましたが、なるべく簡単に理解しやすく書いてくれています。

仮想通貨入門書という観点から、是非はじめに読んでいただきたい1冊です。

2冊目「DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー 17年8月号 (ブロックチェーンの衝撃)」

最新のビジネス論文や事例、そして本質を学ぶのであれば決して外せない1冊。

本書を7.8月に読んだ人なら少なからず早々にビットコインや仮想通貨に興味本位で投資していただろう。

内容は論文ごとテーマは違うが、「ブロックチェーン」「スマートコントラクト」「これから未来はどうなるのか?」「ビジネスリーダーがこの技術とどう付き合うのか?」など、かなり鋭いポイントで突いてくるテーマもあれば、よく聞く用語を図解と論文でしっかり説明してくれる。

この本を読んだ後、仮想通貨のもたらす未来と、その節目に立てている自分自身が嬉しくてたまらなくなった。

産業革命→IT革命→ブロックチェーン革命

この枠組みで語って申し分ないくらい、全世界で採用されば世の中が大転換するパワーを持っている。

それが仮想通貨であり、ブロックチェーン技術でもある。

さいごに

本書だけで全て網羅できるわけでもなく、日々新しい技術や通貨は加速度的に生まれています。

しかし、なんの知識武装もなくこの荒波に飛び込むのはとんでもないリスクです。

冷静に今起きている事象に対して視座を上げ分析して考える。

投資にはそういった気概が必ず必要です。

投資は自己責任とよく言いますが、リスクが存在する以上、その大きさを小さくすることは自分自身で可能です。

是非、情報に踊らされない知識武装をお勧めします!

では、また

Posted from するぷろ for iOS.

LEAVE A REPLY

*

*

Return Top