tetumemo

ココロをオシャレに刺激する

学生諸君、ツンデレ時代は終わった。2017年発売の新型iPadはあなた達のためにある!


「なんかiPad Airって高いし、結構使っている人たちが多いからオレはスマホや安いタブレットでイイや・・・。けど、安くなったら使ってやってもイイからね!」

と思っている学生さんたちもいるのではないだろうか?

もうツンデレ時代は終わった。

iPad Airは高かった。興味が出るレベルを超えていたし、高いからこそ、それを学生が所有してしまうだけで何だか所得の差を感じてしまうプレミアム名シロモノだった。

それが今回発売した新型iPadはどうだろう?

スペックはiPad Air2並み、厚みや重みはiPad Air、そして価格は37,800円からという。メチャクチャ安くなった!

新型iPadをオススメするユーザーは誰か?

価格は32Gで37,800円程度、iPadminiのセグメントがどんどん薄れて行く気がする。

買いとしては、先ず教育機関。中高生なんてうってつけだろう。

最近は月額980円程度で一流講師の講義が聞き放題なるサービスが出てきているが、今後この市場は伸びていくだろう。講義を聞くにはスマホで十分だと思うかもしれないが、総合的に数学や物理、図形を多用する分野など、勉強するとき画面が大きいに越したことはない。

通学中電車でスマホを使って予習し、自宅や学校で新型iPadを利用して学んだりもできる。また、オンライン英会話党も普及過渡期なため、タブレット一つでどこでも受けれるのは非常に魅力的だ。

なぜiPadなのか?

今までのオススメを聞いているとこんな疑問が湧くだろう。

なぜ新型iPadなのか?

確かにAndroid系や様々なタブレットでも同じようなことはできる。ただ、もし同じ価格なら私は周りの友人にiPadを勧める。

ポイントは3つだ、
「シンプルインターフェース」
「セキュリティ」
「お値段以上」

シンプルインターフェースはご存知の通り、迷ったらホームボタンを押す、何かやりたければアプリをタップ。

シンプルな動作だが、圧倒的に動きのムダを省き赤ん坊でも操作できるのはiPad以外見たことがない。

セキュリティは普及レベルに影響する。ハッカーやウィルスを作る者達は寂しがり屋だ、「俺を見てくれ」「マジすげーだろ!」と自己顕示欲の場を探している。

寂しくて目立ちたいのだ。

そういった人たちはどこに行くか?
当然賑わっているところである。Android市場はiPadの数倍だ。目立つという目標を達成するために同じ労力を注ぐなら、大きなステージにリリースする。だからWindowsやAndroidにはウィルスが蔓延している。そしてそういった罠もとにかくストア内でも多い。自分で守る必要がある。

一方iPadは絶対にセキュリティが大丈夫という確証はない。要するに確率の問題だ。こちらの記事を見てみよう。

B01HZAKOEY

  • iPad、タブレットシェア25.8%でトップ!2016年第2四半期の世界出荷台数 – iPhone Mania
  • Android OSは65%、iOSは25%
    約2.5倍も多い、Androidの方が2.5倍もハッカーは目立てるわけである。それがウィルスの普及率の差だ。

    この差を大きいと見るか、小さいと見るかは人それぞれだが、iPadのセキュリティが強い強みはもう一つある。

    アプリの入手とインストール方法だ。

    Appleは厳密な審査基準をクリアしたアプリのみ採用され、採用後基準以下だったり、おかしい場合は削除される。また、IOS製品は踏み込んだ知識がなければApple Store以外で入手し、アプリをインストールすることは極めて困難だ。

    一方AndroidはGooglePlayストアから入手するのが普通だが、実はウェブサイトで自由に配布しているアプリを入れることもApple Storeに比べて容易である。

    つまり、Androidは普及率の多さに加えて、導入しやすさも加わり、寂しがりやで目立ちたがりやハッターたちの登竜門になっているのだ。そのため、Android端末を所有するとウィルスバスター当のセキュリティアプリをインストールすることを強く推奨される。

    このセキュリティの差をあなたはどう考えるだろうか?

    最後が「お値段以上」という点だ。
    近年のタブレットに性能差はさほど見られないが、セキュリティ性、スペック、プレミアム感はいくら安価といえどもiPadは強い。

    セキュリティは前述したとおりだが、Androidのようにウィルスバスター等をインストールして運用するコストと、ウィルス感染コストが低い

    スペックはiPad Air2程度、厚みはiPad Airだ。
    いくらiPad Air2より多少厚くなったと言えども、バッテリーの持ちと、競合を比べれば十分新型iPadも薄く、サクサク動く。そして何よりもオススメしたいのが「固まる」という挙動がほぼ皆無という安定感だ。これは長年iPadを初代から使ってきた私の経験だが、回りでもそういった話はほぼ聞かないだろう。

    最後はプレミアム感
    これは、タブレット市場が「iPad とその他」と大きくセグメント分けされているということもあるが、今まで「iPad Air実はほしいけど、ちょっと高いからオレはみんな使っているiPadなんか嫌だぜ!だからAndroid使いなんだ」と言ったツンデレユーザーの心が傾く価格と仕上がりだ。

    新品でiPad Airのスペック、そして何よりも「安い」

    時に価格は破壊的普及率を呼び起こす。
    この新型iPadはその波を引き寄せ、さらなるiPad普及率に拍車をかけるのかは今から見ものだ。

    学生諸君、ツンデレ時代は終わった。
    これから堂々とiPadを手に入れ、その世界を楽しんでみよう!

    新学期は始まったばかり、手に入れるなら今。
    学生時代を最大限に楽しむためにも親を見方につけるか、バイトして資金を手に入れよう。

    その資金は初期投資、その後iPadを使って稼げばいい。
    手に入れなければキャッシュは生まない。

    可能性を広げるなら今だ。行動してみよう。

    では、また

  • iPad – Apple(日本)
  • Posted from するぷろ for iOS.

    LEAVE A REPLY

    *

    *

    Return Top