tetumemo

ココロをオシャレに刺激する

紙の本を電子書籍化するために「スキャンピー」へ100冊送ってOCR加工依頼だ!


今現在、本よ読むというスタイルから、場所や時間の制約から解放され、本を聞くというライフスタイルを送っています。

もう速読は必要なし、iPhoneでKindle(キンドル)の本を読み上げてもらう方法でライフスタイルは激変する! | tetumemo

しかし、便利になると欲が出てきて、ある悩みが発生していました。

本のスキャンをアウトソースできる「スキャンピー」がすべての悩みをサクッと解決してくれた。

今の悩みを整理すると、、

  • 所有している紙の本を電子化して読み上げられるようにしたい
  • Amazonで買う中古本も電子化して読み上げられるようにしたい
  • 家の本棚をスッキリさせて、娘たちの本を置くスペースを確保したい

これらすべてを解決してくれるのが紙の本の電子書籍化サービス「スキャンピー」です。

書籍スキャン+表紙カバースキャン+ファイル名変更全て込みで
1冊80円
からの自炊代行(書籍の電子化代行)法人です。
OCR処理は1冊80円(ページ数無制限)、DVD-R納品は800円(何枚でも同料金)
などオプションもお手頃価格です。via:スキャンピー スキャン代行で本を電子書籍に!

スキャンピーの素晴らしさとは?

  • 安い!!(250ページまで80円)100P毎追加で50円
  • OCR機能追加でプラス80円(これがあれば読み上げ可能!)
  • 表紙のみカラースキャンでプラス40円
  • 上記条件なら、約1冊200円!!
  • 納品はオンライン、ファイルはPDF

1冊約200円で読み上げ可能なPDFファイルが出来上がるということ。

PDFなのでソフトに依存しない!
iBookでもgoodreaderでも、EvernoteでもKindleでも何でも行けてしまう。
iPhoneの読み上げ機能がはたらくアプリなら何でもできる

安さと汎用性、そして何よりもOCRの制度の良さに感動です。

Amazonから直接スキャンピーに送って電子化できる。

スキャンピーには2通りの電子化手順があります。

  1. 自宅の本をスキャンピーに送って電子化
  2. Amazonから買った本をそのままスキャンピーに送って電子化

この、2番目のサービスは素晴らしすぎた。

激安で買った中古本をそのままスキャンピーに送って電子化できる!

つまり、1円の中古本をAmazonから買って、257円の配送料でスキャンピーに送り、200円で電子化完了

なんと、500円というワンコインで読み上げ可能な電子書籍ができてしまう!!

試しに1冊スキャンしたものをご紹介

◼︎表紙はカラースキャン(40円)▼

◼︎中身はモノクロ▼

◼︎文字はOCRで認識可能▼

◼︎しっかり辞書でも調べられる→読み上げ可能!!▼

後は自宅の本を読を100冊送ってみました

◼︎ビジネス書を中心に文庫本までさまざまな体裁の本を一気に送ります。

これらの本はスキャン後廃棄されます。手元には戻りません)

◼︎テッシュ5箱以上の高さになりました。

それでもまだまだ本は減らない、、、▼

いつか読む本はどうせ読まない

一度読んだ本が飾られて、「いつか読むだろう」と思ってましたがほとんどの本は二度と読みませんでした。

本が必要な時ってビジネス書の場合「仕事の時」が多いです。

交渉前、部下面談前、商談前、勉強会前、チラシ作成中、ExcelやWordの使い方です困っている時、決算書を読んでいる時、プレゼン資料を作っている時、会議資料を作っている時

今調べたい!

と思っても、その本たちは自宅の本棚、、
今まで非常にモヤモヤしたジレンマに悩まされてました。

もう、そんな悩みともサヨナラです。投資した知識資源を最大限に活用する。そして、活用というアウトプットを繰り返せば我が身の血肉となり本が我がものとなる。

読み上げてくれる
本を検索できる
本の中身も検索できる
安く電子化できる
本棚のスペースはいらない

新しい本を買うために、雀の涙ほどの値段で泣く泣くブックオフに本を売る必要なし!

本が増えたために狭い家をさらに狭くする本棚を買う必要なし!

本棚に使うお金があるならば、今ある本をスキャンすれば場所も確保でき、利便性格段に向上!

スキャンピーにデメリットが見つかりません!

ということで、本日手配した100冊が1ヶ月後に電子化され息を吹き込まれた別本として帰ってくることを楽しみに待っています。

ありがとう、スキャンピー

スキャンピー スキャン代行で本を電子書籍に!

Posted from するぷろ for iOS.

LEAVE A REPLY

*

*

Return Top