tetumemo

ココロをオシャレに刺激する

iPhone6やiPadAirをプロジェクターにつないでプレゼンするなら「Apple Lightning Digital AVアダプタ MD826AM/A」がベストマッチ

ある日、社内会議で、、、

パソコンとプロジェクターをVGAケーブルで接続しながら会議をしている社内。アナログケーブルなので音声も出なければ昔のテレビ並みの見難い画質。

そんな中、自分のパートがまわってきて、いざ発表。

「え〜っと、私のファイルは・・・サーバーのこの階層です・・・あっ、そこじゃなくて隣のフォルダですね、、あっ・・右隣じゃなくて左隣です。

そう、それです、スミマセン・・

・・・あ、スミマセン、、データ重くてなかなか開かないですね・・・

・・・あ、あれ?
す、すみません・・そのファイルじゃなかったみたいです・・」

ああっ!もう!!

って自分で自分のことを嫌になるし、まわりにも迷惑かけちゃいましたね。

こんなこと意外とありませんか??

「Apple Lightning Digital AVアダプタ MD826AM/A」があればサクッとiPhoneやiPadをプロジェクターに映せます!

会議で仕事がデキナイ自分を晒すより、プロジェクターにiPhoneをカチッ、とつないでシュパッっと映してサクサク操作できたらカッコよくないですか?

このアイテムなら最速で出来ます!

プロジェクターにつなぐために必要なものは2つ

  • Apple Lightning Digital AVアダプタ MD826AM/A
  • HDMIケーブル

これだけです。

接続スキルも必要ありません、ケーブルをつなげればそのままiPhoneの画面が大きく映し出されます。操作はiPhoneの画面をいじればそのまま反映されます。

ミラーリングというやつですね。

さらに嬉しいことにHDMIケーブルはクリアな画像を映し出し、音声も流すことが可能です。

そのため、iPhoneで動画を再生すればそのまま映画館のように観れますし、音声付きPowerPointなんかであれば聴衆の目は釘付けですね。

そして「Apple Lightning Digital AVアダプタ MD826AM/A」にはlighteningコネクタも接続できるので、iPhoneに給電しながらプレゼンを行うこともできますよ。

さいごに

値段は少し高く、買う時躊躇しましたが、実際に使ってみて会議メンバーの眠気を覚ますような驚きと、ミラーリングされたiPhoneから映し出されたPowerPointはそりゃもう綺麗でレスポンスが最高でしたよ。

買うか悩んでいるなら、、

買って間違いなしです!

ちなみにプロジェクターがなくてもHDMI端子は10年前の液晶テレビから付いていますので、大きなテレビに映して即興で打ち合わせも可能です。

iPhoneとケーブルがあればどこでもミーティング!

場所とデバイスに依存しない夢のような会議スタイルですね。

その叶えてみませんか?

では、また

Posted from するぷろ for iOS.

LEAVE A REPLY

*

*

Return Top