tetumemo

ココロをオシャレに刺激する

ソフトバンクがiPhone6販売施策で発表した「のりかえ下取りプログラム」は私にとって全くメリットなし


前回のエントリーで「auからソフトバンクにのりかえたらどれだけ得するのか?」について書きましたが、結果としてソフトバンクにのりかえた方がお得になるということがわかりました。

iPhone6Plus 128Gを買うぞ!auで機種変更するのかソフトバンクへ乗り換えするか本気で計算したら明確なことが判明! | tetumemo

が、しかし!
それはあくまでスマ放題を契約せず、11月末まで契約可能な従来通りの「ホワイトプラン」で契約した場合のお話でした。

そんな中、今回のソフトバンクの発表はスマ放題を半ば強制的に契約させるための釣りにしか見えません。

9月19日で終了する「スマホ下取り割」

スマホ下取り割とは、新規契約、乗り換え(MNP)、機種変更でソフトバンク指定のスマートフォンを新規購入する際、従来利用していたソフトバンクの端末を回収に出すことで、その機種と性能に応じて毎月の利用料金の割引を受けられる。

via iPhone 6 発売に合わせソフトバンクが「下取り割」終了– 異なるキャンペーン開始 – エキサイトニュース

このスマホ下取り割の良かった点は、前の料金体型である「ホワイトプラン」契約をしても適応されるという点でしたが、今回19日以降はその恩恵が受けられなくなります。

変わりに開始されたのがこちら、

ソフトバンクモバイル株式会社は、他社からの乗り換え(MNP)で「スマ放題」に加入すると※1、他社の携帯電話を最大43,200円で下取りする「のりかえ下取りプログラム」を、2014年9月19日から10月31日までの期間限定で実施します。なお、スマートフォンだけでなく、従来の携帯電話機についても24,240円で下取りします。下取り額などの詳細は以下よりご確認ください。

via のりかえで他社の携帯電話を最大43,200円で下取りする 「のりかえ下取りプログラム」開始 | モバイル | ソフトバンク

コチラがザックリ買取価格です。メチャクチャ高くなってますね。私のiPhone5 64Gなら32400円となっています。

ですが、この高額下取りが適応されるのはスマ放題契約者のみということになるので、iPhoneで電話をあまりしない私にとって全くメリットがなくなってしまいました。

結果論で「iPhoneはどっかの業者に引き取ってもらえればいいじゃん?」と考えたらそれまでなのですが、ソフトバンク側の目先の買い取り価格を向上させて、本来お得であるホワイトプランを実質11月末前に末梢させようとしている思惑が読めてチョット悲しくなっちゃいました。

また、こういう記事も納得がいきます。

iPhone6の店舗での予約時にスマ放題などを強制するソフトバンクショップが多発している模様、受け取り時も間違いなく危険。 – No!SoftBank

せっかくソフトバンク側に気持ちが揺らいでいたんですけどね、、

ということで、もう少し各社の動向を吟味して動きたいと思います。

とりあえず今月中にソフトバンクにのりかえることがなくなったのは確かであります。

皆さんも携帯電話を契約する前は、本体価格だけではなく2年間の実質価格をしっかり計算することをお勧めします。

では、また

Posted from するぷろ for iOS.

LEAVE A REPLY

*

*

Return Top