tetumemo

ココロをオシャレに刺激する

iPadやiPhoneをiTunes経由でPCのHDDにバックアップしてるなら、古いファイルを削除してストレージ節約しよう 

icloud

iCloudになりiPad・iPhoneのバックアップも以前より数段簡単かつ便利になりました。しかしiPadやiPhoneの容量もかなり増え通常のiCloud容量5Gでは到底足りず私のように母艦のPCへバックアップしている方もいらっしゃると思います。

しかし、こまめにバックアップを繰り返すことで1点だけ問題が発生します。それは母艦PCのHDD容量が圧迫されていくということです。微々たるものですがデバイスを多く持ちガンガンバックアップばかりしていたらチリも積もればなんとやらという状態に陥ってしまいます。

そこで簡単に要らなくなった古いバックアップファイルを簡単に削除して母艦PCのHDD容量を節約しちゃいましょう。

iTunesからiPadやiPhoneの古いバックアップデータを簡単に削除する方法

iTunesを開いて左上のアイコンをクリックし、設定を選択します。 ↓

スクリーンショット_122713_014350_AM

 

デバイスを選択し、削除したい古いバックアップデータを選択します ↓

 

スクリーンショット_122713_014443_AM

 

削除を実行してすぐに完了です。 ↓

スクリーンショット_122713_020848_AM

 

以上

もの凄く簡単にストレージ節約ができちゃいました。

さいごに

この作業でHDDの容量が30G も空きができてかなりスッキリしました。iPadなどのデータは意外と容量が多くいつの間にかHDDが圧迫されており「なんでだろう??」という状態に陥ってしまいます。ギリギリの容量で使用し続けるPCは非常に危ないですのでこまめにチェックして整理してみましょう。

では、また

Return Top