tetumemo

ココロをオシャレに刺激する

スマホでPin!Pinterestの醍醐味はスマートフォンにあり。【Pinterest非公式ガイド ~第5回~】

 

 

@tetumemoポイント

iPhoneからワクワクするような『Pin』の方法がわかります。

オシャレにセンスを磨くSNS、Pinterest非公式ガイド員の@tetumemoです。

前回までのエントリーはこちらです。

 

前回のエントリーではPC環境で楽しむ『Pin』の方法がわかり、自分のボードを楽しく彩る事ができたでしょうか?

ボードに画像を追加していくと楽しくてPinやRepinが止まらなくなりますよね♪

今回は、Pinterestの楽しさを最大限に引き出す。『スマホでPin!』してみましょう!

iPhoneでPinterestを楽しもう

まずはこちらからPinterestをインストール ↓

Pinterest 1.6.2(無料)App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 写真/ビデオ
販売元: Pinterest, Inc. – Pinterest, Inc.(サイズ: 4.9 MB)

インストール完了後画面はこちら

Following

自分がフォローしているユーザーの画像が流れます(自分のPinも表示されます)

Explore

様々なカテゴリや、フリーワードでお目当ての画像を検索します

Activity

最近のアクション、Repinされた/フォローされた/コメントされた/Likeされた など表示されます。

Profile

自分のプロフィールです。 ↓

IMG_1319

IMG_1319 Photo by tetumemo

Pinするには真ん中のカメラボタンを押してみましょう。

薄い四角が撮影可能領域です。 ↓ ↓

IMG_1302

IMG_1302 Photo by tetumemo

ここからがスマホでしかできないPinterestの楽しみ方♪

なんと、彩度と明度が親指だけで自由自在に調整可能です。※彩度とは色の鮮やかさ、明度とは色の明るさです。

上は明るくなり、下は暗くなる、右は色が鮮やかになり、左は色があせる ↓

IMG_1304

IMG_1304 Photo by tetumemo

上に親指でなぞると明るくなっています。

ちょっと明るすぎて軽い感じですね ↓

IMG_1305

IMG_1305 Photo by tetumemo

下に親指でなぞると暗くなっていきます。

重量感が伝わってきますが、色の鮮やかさが足りませんね ↓

IMG_1306

IMG_1306 Photo by tetumemo

左になぞると色の鮮やかさが少なくなります。

ちょっとレトロに表現したい時などいいですね ↓

IMG_1307

IMG_1307 Photo by tetumemo

右に親指でなぞると色鮮やかになりますね

ハイキーな画像を作ったり、料理を美味しく魅せる時はいいですね ↓

IMG_1308

IMG_1308 Photo by tetumemo

画像の調整が決まれば後は設定してPinするだけです。 ↓

アイコンの右側

画像の説明

Board

Pinするボードを選びます。

Place

場所の情報を付加するか選択します。

Twitter

Twitterにシェア

Facebook

Facebookにシェア

IMG_1309

IMG_1309 Photo by tetumemo

PinするとFollowingのタイムラインに表示されます。 ↓

IMG_1311

IMG_1311 Photo by tetumemo

試しに、ちょっと簡単に撮った餃子の写真も加工してみましょう ↓

IMG_1312

IMG_1312 Photo by tetumemo

彩度と明度を右上にちょっといじるだけで、焼き色が香ばしくなり美味しそうになりました。 ↓

IMG_1313

IMG_1313 Photo by tetumemo

もう一つは重量感のあるタイヤの写真 ↓

IMG_1317

IMG_1317 Photo by tetumemo

ちょっと上になぞったら明るくなりすぎました。 ↓

IMG_1314

IMG_1314 Photo by tetumemo

明度を抑えて、彩度を増やす(右斜め下になぞる)と重量感が引き立ちますね ↓

IMG_1315

IMG_1315 Photo by tetumemo

最後に

いかがでしたか?

気に入った写真をPCからPinするのも楽しいですが、

iPhoneで撮った写真やライブラリに登録されている写真を親指でサクッと加工して載せていくのはもっともっと楽しいですよ。

多彩なフィルタという選択肢もあったと思うのですが、センスを重要視しているPinterestだからこそオリジナルの加工にこだわっているのかもしれませんね。

”脱”写真フィルター!

撮った写真をセンシティブに加工して楽しみましょう!

 

Return Top